商社マンは今日も走る!現役総合商社マンの資産運用ブログ

総合商社マン(5大のどれか)の企業分析、投資(株式・原油ETF)に関するブログです!

WTI原油連動型ETF(1671)が遂にロールオーバー終了(5/19)次はいつ??

こんにちは!総合商社マンです!1671が二日連続ロールオーバー無し!本当に終えた模様!!

 

1671-etf-eyecatch


 

WTI原油連動型ETF(1671)が二日連続ロールオーバー無し

WTI原油連動型ETF(1671)のロールオーバーの状況を連日連日お伝えしていましたが、昨日遂にロールオーバーの連続記録が9日で止まっていました。ただ、まだ本当に終わっているのか正直半信半疑だったので(笑)今日も1671運用会社のシンプレクス社のプレスリリースを確認してみたところ、やはり今日もロールオーバー無しです。

 

※まだ原油ETFの仕組み分かってないよ!という方はここに纏めているので御覧ください!

 

www.sogoshoshaman.com

 

シンプレクス社のプレスリリースの内容は?

 

シンプレクス社の本日のプレスリリースはこちらです。

simplex-press-release-1671

※参照元:シンプレクス社プレスリリース

このリリースだけ見ても変化が分からないと思いますので、以下の表で見てください。

1671-portfolio

※シンプレクス社発表情報に基づき、筆者作成

赤枠が本日発表された内容ですが、昨日から微動だにせず。本日時点のポートフォリオは8月限35%、9月限32%、12月限32%と、ほぼほぼこの3つの限月で均等に分散しているポートフォリオです。この3つの限月でほぼ均等に保有するポートフォリオ、これをシンプレクス社が目指していたものだったのですね。

 

原油8月限、9月限、12月限の状況

原油の8月限と12月限の価格はどうなっているでしょうか。この記事を執筆している時点で以下赤枠のようになっています。

wti-oil-price-aug-sep-dec

※参照元:CME社ホームぺージ

御覧の通り8月限32.54ドル、9月限で33.07ドル、12月限で34.23ドルとなっています。軒並み30ドル台を回復してきていますね!

そして囲んだ6月、7月限の先物価格ですが昨日に引き続き二つの限月間だけバックワーデーション(期近が高くて、期先が安い)が発生していますね!バックワーデーションが発生した時の記事は以下からどうぞ。

 

www.sogoshoshaman.com

 

通常原油先物はコンタンゴ(期近が安くて期先が高い)になっていますが、短期資金の流入によるものなのか、6月、7月限だけバックワーデーションになっているのが非常に面白い状況です。あー、シンプレクスさん、直近限月保有していたらロングホルダーさんこのバックワーデーションの恩恵受けれたかもしれないのに。笑 今から逆に期先のものから期近のものにロールオーバーしても面白いかも?

 

ま、冗談はさておき、他の限月間はまだコンタンゴの状態が継続しているものの、限月間のスプレッドの縮小が著しいので、ロングホルダーさんについては追い風になってきているのも事実です。以下記事で書いているので御覧ください。

www.sogoshoshaman.com

 

1671ETFの株価動向は?

1671ETFの株価の動向はどうでしょうか。こちら日足チャートになります。

 

1671-stock-chart

御覧の通り、原油暴落前の2月頃は2,000円台で推移していた株価が一時500円割れまで暴落し、足元は原油価格が回復してきており、本日700円台を回復しました。

ちなみにこちらが2月頃からの原油チャートです。

wti-oil-chart

4月後半に発生した例のマイナス価格がぶっ飛びすぎてて、プラス圏での推移ではボラが無いように見えますね。笑笑 でも錯覚ですのでご注意を!
今年2月頃に1671の株価が2,000円台で推移していた時の原油価格は50ドル台でした。そして現在原油は30ドルまで回復していますが、1671の株価は700円台。。昨日も言いましたがこれが過去からずっとこのブログで説明してきている原油ETFの恐ろしさです。笑 要因としては「コンタンゴ」、「限月間のスプレッドの大きさ」、そして「期先限月のもので運用」、この3つですね。

今回も紹介したように12月ものを30%以上保有してしまっていますので、直近限月の値上がりの享受は低減されてしまう可能性は高いですが、早期にスプレッド縮小に動いてきているので、これからこのETF株価がどう動いていくのは個人的にも注目しています。

 

次は一体いつロールオーバーするのか?

次は一体いつロールオーバーをするのか?これが私の最大の関心ごとです。というのもすでに1671は現時点で8,9,12月限月の先物で運用しています。もうすぐ直近限月の6月の決済期日が到来して消滅し、次の直近期近の先物限月は7月になるわけですが、それすらも1671は保有していませんので、理論上は6月の1か月間はロールオーバー無しでも問題ないわけです。ただ、現在のポートフォリオである直近限月とその翌限月の先物(今でいうと6,7月限月)は保有しないというポリシーとなっているのであれば、6月には以下のようなロールオーバーが行われる可能性はありますね。

  • 8月限月を9月限にロールオーバー
  • 9月限月を10月限にロールオーバー
  • 12月限を1月限にロールオーバー

先ほど言ったように今後も限月のスプレッドが縮小継続していくということであれば、ロールオーバーの影響は小さくなりますのでホルダーさんには追い風ですね!

 

ということで、ま、とりあえずロールオーバー一段落のようですね!

引き続きこのシンプレクス社のリリース情報デイリーで追いかけてみます!

ま、また動きがあれば随時お知らせしまっす!

 

今回も最後までお読み頂き有難うございました!!

 

↓↓↓『はてブ』ぽちっと応援も感謝です!!↓↓↓