商社マンは今日も走る!現役総合商社マンの資産運用ブログ

総合商社マン(5大のどれか)の企業分析、投資(株式・原油ETF)に関するブログです!

【緊急速報】コンタンゴさん、さようなら!WTI原油がバックワーデーションに!!

こんにちは!総合商社マンです!WTI原油がついにバックワーデーションに!

 

eye-catch

 

WTI原油がコンタンゴからバックワーデーションに!!

 

WTI原油がコンタンゴからバックワーデーションとなりました!緊急速報です。もう一度言います。WTI原油がコンタンゴからバックワーデーションになりました!!いやー本当になるとはびっくりです。

というのも昨日以下記事を書いたばかりでした。

 

www.sogoshoshaman.com

最近の原油の限月間のスプレッドが急激に縮小してきたことから、もしかしたらコンタンゴからバックワーデーションに切り替わるのでは??という予想をした記事です。

そして今日、WTI原油の6月限月と7月限においてバックワーデーションが発生しました。具体的に見てみましょう。

 

WTI原油6月限と7月限でバックワーデーション発生

WTI原油の6月限と7月限でバックワーデーション発生です。以下をご覧ください。

wti-oil-price-jun-jul-backwadation

赤枠で囲った部分が6月限と7月限ですが、6月限のほうが7月限よりも高くなっていることがお分かりになるでしょうか?6月限28.60ドルに対し7月限28.59ドルと僅か0.01ドルですが6月限のほうが高くなっていますよね。コンタンゴは近い限月のほうが原油が安く将来になればなるほど原油価格が高くなる状態のことですが、今回は6月限のほうが7月限より高くなっているので、6月と7月限の間だけでバックワーデーションが発生しました。御覧の通り8月以降はしっかりコンタンゴになっているのが分かりますよね。

 

なぜコンタンゴからバックワーデーションになったのか?

なぜコンタンゴからバックワーデーションになったのか?これについては冒頭紹介した記事でも過去バックワーデーションになった事例を紹介しましたが、今回はこれは完全に推測でしかありませんが、短期筋等が直近限月(6月限月)に一気に資金を投入してきているのではと思われます。世界的な緩和によるカネ余りも影響しているのかもしれません。

また、タイトルで「コンタンゴさんさようなら」と言っておきながら申し訳ないのですが、これまた完全に私の推測ですが、バックワーデーションが今後他の限月にまで広がっていくかという疑問です。あくまで短期筋が6月限に資金を投入してショートポジションの投資家を焼いている、一時的な要因に過ぎないのではというのが私の見立てです。ですので、次回5月20日前後の6月限の決済期日到来時には再びコンタンゴに戻るどころからマイナス価格再来もあるかもしれませんね。

原油市場がアツい!!いよいよ目が離せなくなってきましたね。笑

今回は速報記事なのでこの程度にしておきます!

 

御覧頂き有難うございました!

 

『はてブ』ぽちっと応援も感謝です!!↓↓↓