商社マンは今日も走る!現役総合商社マンの資産運用ブログ

総合商社マン(5大のどれか)の企業分析、投資(株式・原油ETF)に関するブログです!

出光興産・赤字転落!

こんにちは!総合商社マンです!出光興産が赤字転落したってよ!!

 

idemitsu-logo-eyecatch

 

 

出光興産・赤字転落

 

本日4月21日に出光興産がプレスリリースを発表。同業他社のJXTGホールディングに続き出光興産も2020年3月期は赤字転落となりました。今回はその出光興産のプレスリリースを見てみましょう。

 

出光興産・プレスリリース

出光興産のプレスリリースを見てみましょう。

 

idemitsu-press-release

以下ポイントです。

定量面

  •  売上が前回発表予想の6.1兆円から6兆円の▲1.6%減収
  • 営業利益が前回予想の1650億円から▲50億円へ1,700億円減益
  • 当期純利益が前回予想の1,000億円の黒字から1,250億円減益の▲250億円の赤字

 減益要因

以下抜粋です。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済の急激な冷え込みや、産油国の減産協議決裂などから原油 価格が急落したこと等により、売上高は 1,000 億円減収の 6 兆円の見込みです。また、営業利益は、燃 料油セグメントにおける在庫影響の損失拡大および原油価格急落によるタイムラグ影響により約 1,100 億円悪化するほか、石油化学製品マージンの縮小を見込むこと等から前回発表予想より 1,700 億円減 益の 50 億円の損失となる見通しです。以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、前回発表 予想から 1,250 億円の下方修正により 250 億円の損失となる見通しです。

 

 最大の減益要因は油価暴落による販売価格の低下と在庫の評価減ですね。高い時に仕入れした在庫を、そのまま高い値段で売れる状況ではないので、原価割れした価格で販売したものと、在庫の価値を今の想定し得る価値に置き換えたことによる損失ということです。具体的には営業利益1,700億円減益の内、在庫の評価損で620億円、原価割れした販売による損失で790億円で、ほぼこれで全体の説明が出来てしまうレベルです。

 

出光興産の配当はどうなるの?

 

出光興産の配当はどうなるのか。これについてもプレスリリース内に記されていますね。期末配当80円は維持するとのこと。いい悪いは別にして、この原油相場の状況でも株主大事にしてますね~。来期はどうなるかわかりませんが。笑 

出光興産の株価は?

本記事を執筆している2020年4月21日終値は2,381円です。配当利回りは6.72%、PER7.18倍、PBR0.57倍とすごい数字が並んでいます。笑 ただ毎回言いますが、こういう暴落時はあまり参考にならない指標となっているのでお気を付けくださいね。

idemitsu-chart

一時2,100円台前半を付けて年初来安値を更新した後、少し戻していますが年初は3,000円だったのでまだ20%くらい 下がった状態です。今回の減損は織り込み済だったと思われますが、一方で昨日あったようなWTI原油先物がマイナスに転落するような状況だと、2番底はあるかもしれません。尚、本日時点で2020年3月期の決算発表予定日は5月14日を予定しています。

 

資源関連の他社の減損状況

 

資源関連で他社の減損発表状況はどうでしょうか。今のところ以下のような状況です。

  • JXTG:税後利益1,550億円予想から▲3,000億円(差▲4,550億円)に修正。
  • 丸紅:税後利益予想2,000億円から▲1,900億円(差▲3,900億円)に修正。
  • 三井物産:税後利益4,500億円予想から500~700億円減損出る見込みと発表。
  • 住友商事:税後利益3,000億円予想から2,000億円(差▲1,000億円)に修正。

丸紅と住友商事については以下記事にまとめているので興味ある方は御覧ください。

 

www.sogoshoshaman.com

 

 

www.sogoshoshaman.com

 

 資源ビジネスを行っている企業の減損が止まりませんねー。個人的にはまだ減損を発表していない三菱商事と伊藤忠商事の動向が気になって眠れません。笑

 今回も最後までお読み頂き有難うございました!


 

↓↓↓はてブも感謝です!!↓↓↓