商社マンは今日も走る!現役総合商社マンの資産運用ブログ

総合商社マン(5大のどれか)の企業分析、投資(株式・原油ETF)に関するブログです!

「鬼滅の刃」と「超低位株」の意外な関係性とは?

こんにちは!総合商社マンです!今日は今ちまたで大人気のアニメ「鬼滅の刃」と「超低位株」の意外な関係性について見てみるよ!

 

onimetsu-eyecatch

 

「鬼滅の刃」って?

「鬼滅の刃」って?タイトルを見てそう思った方もいるかもしれません。実は私も大して知らないのですが(てか、読んだことない笑)、今大人気の漫画のタイトルです。よくインターネット上で「鬼滅」って略されて話題に上がっているの見たことありませんか?あれのことです。写真載せようと思いましたが、著作権が怖かったのでやめました。笑

週刊少年ジャンプに2016年から連載され、集英社の2019年の売上ではONE PIECEに次ぐ第二位と大ヒットした漫画だそうで、話の内容は「大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵や、鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描いたもの」だそうです(wikipedia情報)。

さてさて、その大人気のアニメ漫画が超低位株とどう関係しているの?というお話を今回させて頂きます。

 

「超低位株」ってどこ?

「鬼滅の刃」「超低位株」の意外な関係性とは?というのが今回のブログ記事のタイトルですが、どの「超低位株」と「鬼滅の刃」が関係しているのかをお伝えすると、ずばり東証二部上場の「中外鉱業」という会社になります。小型株好きの方は知る人ぞ知る会社かもしれませんが、知らない人は社名すら聞いたことないと思いますのでちょっと紹介します。

 

中外鉱業とはどんな会社?

中外鉱業はどんな会社でしょうか?これが中外鉱業のホームページトップ。

 

chugai-mining-homepage

簡単に会社情報を箇条書きするとこんな会社です。

  • 社名:中外鉱業株式会社(Chugai Mining)
  • 設立:1932年
  • 事業内容:貴金属事業、不動産事業、コンテンツ事業

こんな感じ。以下はホームぺージからの抜粋ですが、事業内容を少し具体的に見ると

1.貴金属事業

貴金属の回収、精製および販売

工芸品・貴金属製品・純金めっき関連商品の企画販売

ダイヤモンドおよび宝飾品等の仕入販売

 

2.不動産事業

土地建物の所有、売買および仲介

商業ビル・マンションなどの賃貸管理および企画

 

3.コンテンツ事業

玩具、遊戯用具の企画、設計、製造、販売、キャラクター商品の販売、卸業および企画・開発

 

 

メインは貴金属事業で、ここには書かれていませんが「先物投資運用事業」が収益を左右するビジネスモデルとなっている、如何にも危なっかしそうな会社です。笑

そして金属の先物事業がメインの会社が、この3番目のコンテンツ事業というところで、「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを通販で販売しているのです。笑 こちらが「Chugaionline」という実際に販売をしているサイトの画面です。

 

chugai-online

ね?売ってるでしょ?実際は「鬼滅の刃」以外にも「コナン」だったりいろいろなアニメキャラクターの販売を行っているようで、こちらは絶好調の模様です。さて、そんな超低位株と言われている中外鉱業ですが、業績と株価はどうなっているのでしょうか?早速見てみましょう。

 

中外鉱業の業績

中外鉱業の業績はこちらです。

 

chugai-mining-sales-operatingprofit

売上高は不安定、営業利益は真っ赤っかという状況。

chugai-mining-keijou-zeigorieki

経常利益も当期利益も真っ赤っか。そして万年無配株です。

一応、営業キャッシュフローは黒字で自己資本比率も過去の増資のおかげなのか82.4%あり、手元現金も30億円ある状況なので、すぐに倒産する状況にはないようです。

現時点で継続疑義のゴーイングコンサーンも付いていませんが、本業真っ赤っかなので超低位株になっているわけですね。この状況が継続するとゴーイングコンサーンが付くことになるでしょう。

そこで多角化を図って業績を安定させようとして「鬼滅の刃」等のコンテンツ事業に乗り出したということでしょう。

ちなみに2021年3月期業績予想は未定としています。累損もぎりぎり抱えておらず利益剰余金が1.7億円ありますが、2021年3月期の業績次第では累損を抱えることになる可能性が高いですね。

 

中外鉱業の株価

気になる中外鉱業の株価はこちらです。2014年以降の月足チャートです。 

chugai-mining-monthly-stock-chart

株価やばいですよね。笑 ずっと30円台~10円台に推移していて、そして右肩下がりです。2016年に20円から37円に急騰をしている場面があったりと典型的な超低位株の動きです。

そしてこちらが日足チャート。

chugai-mining-daily-stock-chart

株価が小さすぎるので分かりにくいですが、2月の20円から3月と4月に年初来安値となる13円まで下落。下落率にすると35%の下落になっています。ま、ここに関わらずコロナショックで30%超えの株はゴロゴロしておりますが、この超低位株もしっかりコロナショックは受けているということが分かります。

ちなみに、5/21終値時点で17円ですので最低購入金額1,700円で購入可能ということです。時価総額も49億円というサイズ感で、まさに「超低位株」ですね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを超低位株の中外鉱業が取り扱っているという構図でした。私自身は今はあまり冒険はしていなのですが、個人的には昔から中小型株が好きです。というのも、倒産リスクはあるものの、噴火した時のパンチ力が半端ないところに夢を感じるからです!

ちなみについ先日ツイッターでこんな過去の経験をぼやいたらバズりました。笑

こういう過去の失敗が今に生きてるんだよな~。笑

でもやっぱり低位株には夢がある。過度なリスクは取らず、資金のほんのちょっとを低位株に入れても面白いかもしれませんね!

投資は自己責任でお願いします!

 

ということで今回は以上です!

最後までお読み頂き有難うございました!!

 

面白いと思った方は、Twitterや『はてブ』↓↓↓ぽちっと拡散頂けるととても喜びます!!