商社マンは今日も走る!現役総合商社マンの資産運用ブログ

総合商社マン(5大のどれか)の企業分析、投資(株式・原油ETF)に関するブログです!

WTI原油&連動型ETF(1671)の動向観察日記:WTI原油大幅上昇(6/1)

こんにちは!総合商社マンです!WTI原油&連動型ETF1671観察日記です!

 

1671-etf-eyecatch

 

WTI原油連動型ETF(1671)のポートフォリオ動向は?

WTI原油連動型ETF(1671)のポートフォリオをシンプレクス社が発表している「日々の開示事項」で連日追いかけていますが、本日の発表内容をみてみましょう。

 ※そもそも、まだ原油ETFの仕組み分かってないよ!という方はここに纏めているので御覧ください!

 

www.sogoshoshaman.com

 

ということで、早速本日の1671の状況を見てみましょう。

 

シンプレクス社のプレスリリースの内容は?

 

シンプレクス社の本日のプレスリリースはこちらです。 

1671-etf-press-release-20200601

※参照元:シンプレクス社プレスリリース

このリリースだけ見ても変化が分からないと思いますので、以下の表で見てください。 

 

1671-etf-portfolio-20200601

※シンプレクス社発表情報に基づき、筆者作成

赤枠が本日のポートフォリオです。

御覧の通り金曜日からポートフォリオに変化はありません。既に直近限月の7月限は保有しておらず、8月、9月、12月限で運用されているので今すぐに更なるロールオーバーは不要ということでしょうね。「8月限33.8%、9月限34.8%、12月限31.3%」というポートフォリオとなっています。

一時期の9日連続ロールオーバーに比べれば、最近は至って平穏な状況ですね。笑 次回ロールオーバーがいつなのか、、、今から楽しみです。

 

WTI原油の動きは?

WTI原油の動きを見てみましょう。先週は一瞬バックワーデーションが発生したりと面白い動きをしてたWTI原油でしたが、本日の原油の状況を見てみましょう。以下が本記事を執筆している時点のWTI原油状況です。

wti-oil-price

※参照元:CME社ホームぺージ

赤枠が記事執筆時点の各限月毎の原油価格です。先週金曜日の日本時間15:00頃は原油価格33ドル程度で推移していましたのでそこから米国時間中にトランプ演説で思ったより中国への制裁が弱いことからリスクオンとなり、一気に原油市場に資金が流入した結果35ドル台を突破しています。全ての限月においてコンタンゴの状態ですね。バックワーデーションは発生していません。 

さて、各限月間のスプレッドの状況はどうでしょうか?

こちらをご覧ください。 

wti-spread-20200601

赤枠部分が本日のスプレッドの状況です。

ポイントを挙げると

  • 原油価格は大幅上昇。
  • スプレッドは前日比で一部を除き縮小。
  • スプレッドは0.2%~1.1%の範囲内で心地よい水準。
  • 全ての限月においてコンタンゴ。

※先ほどのCMEの原油価格は前日比ダウンしてますが、あくまで私が上記で比較しているのは、毎日記事を書いている時点(日本時間の14:00~15:00頃)の原油価格なので、そこでの定点観測では原油価格は前日比上昇しているということです。

一つ注目すべきは3月・4月限月のスプレッドが0.2%と非常に小さくなっている点です。最近この1月限~4月限あたりのスプレッドが縮小してコンタンゴからバックワーデーションとなる現象が発生しているので、再びバックワーデーションとなる可能性はありますね!

そしてこちらが5月26日頃からの直近限月の1時間足WTI原油チャートです。

wti-oil-chart

原油さん、来てますね!

  • 28日頃まで34ドル台で推移し
  • その後31ドル台に下落(原油在庫上昇のネガティブニュース)
  • 再び上昇を開始し(ガソリン在庫減少のポジティブニュース)高値チャレンジ
  • が、米中対立懸念から再び下落開始
  • トランプの中国制裁弱腰でリスクオンの結果35ドル突破

こんな感じの流れでさくっと35ドルを超えてきました!今後の中国の出方に注目ですが、対中の喧嘩がひどく悪化しなければしばらくは30ドル~35ドル近辺の推移かな~と個人的に思っています。

   

1671ETFの株価動向は?

1671ETFの株価の動向はどうでしょうか。こちら日足チャートになります。 

1671-etf-chart

今日はWTIが35ドル突破したということもあり、大きく上昇しましたね!ちなみにこのチャートは日足ですが、如何せん下落幅が半端無さ過ぎてチャートの上昇の躍動感がほぼゼロですが(笑)、ちゃんと本日42円(+5.75%)の大幅上昇となっています。

そしてドル円の1時間足チャートはこちらです。

usd-jpy-chart

先週金曜日の15:00頃は107.2円程度で推移していましたので、それに比べると今日は円安で推移しましたね。それも今日は1671には追い風となったということが分かります。経済紙を読んでいると最近今後の見通しを円高としている記事が多いので、為替はやや心配です。円高としている根拠は

  • 世界的な金利低下(日本の低金利との差の縮小)
  • 日本企業の手元流動性確保のため新規対外投資縮小
  • 日本企業の手元流動性確保のため海外で稼いだ利益の日本への還流増

このあたりが挙げられていました。結構根拠のある説明かなと個人的には感じています。

 

最後に:米中対立は意外と悪化せず?

先週金曜日日本時間深夜のトランプ演説で米国はWHO脱退するという表明あったものの、対中国への姿勢は弱腰となりました。トランプの選挙前ということもあり、あまり攻撃し過ぎて株価を下げたくないのでしょうね。一方、米国で黒人への差別に対する暴動が悪化している模様で、こっちの経済に対するリスクが少し心配になってきました。

ほんと連日連日ニュースに事欠かない世の中ですね。

さてOPEC+の会合が6/9(火)、6/10(水)と来週に迫ってきました。今週はちゃんと減産してますかチェックしまっせというただのモニタリング会合らしいので、本番はあくまで6/9,10のOPEC+会合ですね。

どうやらOPECプラス会合は6/4に1週間早まったようです!!理由は不明ですが、何が話されるのか楽しみですね。

 

引き続き原油価格と共に、このシンプレクス社のリリース情報デイリーで追いかけてみますので、また動きがあれば随時お知らせします!!

 

ということで、今回は以上になります。投資は自己責任でお願いします。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!!

 

面白いと思った方は、Twitterや『はてブ』↓↓↓ぽちっと拡散頂けるととても喜びます!!