商社マンは今日も走る!現役総合商社マンの資産運用ブログ

総合商社マン(5大のどれか)の企業分析、投資(株式・原油ETF)に関するブログです!

【仮想通貨】私のポートフォリオでのビットコインの位置づけ

こんにちは!総合商社マンです!私のポートフォリオに含まれている仮想通貨の位置づけについてつらつらと書いてみましたよ!

 

bitcoin-logo-eyecatch

 

 

私の仮想通貨投資経験について

私は現在自分のポートフォリオに仮想通貨を組み込んでいます。最近ビットコイン含めいろいろな仮想通貨価格の急上昇で話題にいますが、私の場合は今年仮想通貨の投資を初めてしたわけではなく、2017年の仮想通貨バブルの頃から投資をしていました。

 

先日こんなツイートをしました。

 

 

2017年当時は正直どんな仮想通貨を買っても上昇するような相場だったので、王道のビットコインには投資せずに、上記のような謎の仮想通貨を買って遊んでいたのですが、今になって考えるとよくもまあこんなもんに投資をしていたなーと思ってしまいます。笑

例えばPEPECASHという通貨。

 

 

上記のツイートにもあるように、カエルの面白いコインデザインというだけで投資をしていましたが、この通貨、使い道はアメリカ版2チャンネルの4chanというところで、先ほどのカエルのキャラクターを模したカードの売買に使えることだけです。笑 いや、カエルのカード、いらんやろ!!って話ですよね。笑 2chで生まれたモナコインに近い特徴をもった資産のようですが、当時は一部の方々が熱狂的なコミュニティを形成して話題になっていました。

 

先ほどのツイートにもありましたが、今はこのようないわゆる草コインには投資する勇気無く(笑)、ビットコインとイーサリアムにだけ投資をしている状況です。この仮想通貨のポートフォリオにおける比率と自分の中での位置づけを次の章以降につらつらと書いてみたいと思いますよ。

 

ポートフォリオでの仮想通貨比率

私のポートフォリオでの仮想通貨比率をまずはみて頂きましょう。

これは2020年12月末時点のものです。

portfolio-202012

 

緑色の部分が仮想通貨です。ポートフォリオ全体の7.4%を仮想通貨が占めており、内訳は1ビットコイン、1イーサリアムです。価値で見るとほぼビットコインですね。これは1月15日時点の日足チャートですが、ビットコインが約400万円、イーサリアムが約12万円なので。

 

BTC日足チャート

btc-chart

 

ETH日足チャート

eth-chart

御覧の通りどちらもものすごい伸びですね。笑

ビットコインは130万円くらいの時に購入、イーサリアムは6万円くらいの時に購入しているので、この記事を書いている21年1月15日時点でビットコインは約4倍、イーサリアムは約2倍になっています。

投資した当初はポートフォリオ全体の3%程度を仮想通貨にしておこうと思って購入したのですが、予想以上のBTCの上昇で7%程度まで上昇してしまいました。笑 ただ、今のところ売却したりしてのリバランス予定は無く、長期で保有し続ける予定です。

というのも今仮想通貨売っても雑所得扱いで総合課税されてしまうので、年収と売却益次第では所得税と住民税でお国に利益の50%をぶん取られてしまいますので。笑笑

逆にこの税率のお陰で値上がりしても握力強く握ってられるのかもしれませんが。

 

私の仮想通貨の位置づけ

私のポートフォリオにおける仮想通貨の比率は先ほど見て頂きましたが、この仮想通貨の自分の中での位置づけを少し書いてみたいと思います。

まず、私が仮想通貨をポートフォリオに組み込んでいる理由ですが、もちろん最大の理由は値上がり益を求めてのものです。つい先日、2021年1月5日にJPモルガンがビットコインの長期的見通しを14万6,000ドル(1,500万円程度)と発表したりと、強気な見通し情報も多く出てきていますね。以下はそれに関するロイター記事の抜粋です。

[ロンドン 5日 ロイター] - JPモルガン・チェースは5日、暗号資産(仮想通貨)のビットコインが金に匹敵する資産として台頭し始めており、安全資産と見なされた場合、価格は14万6000ドルまで達する可能性があるとの見方を示した。

(中略)

JPモルガンは調査リポートで「ビットコインと金の競争はすでに始まっているとみられる」と指摘。最近、金から70億ドルが流出し、ビットコイン投資ファンド「グレースケール・ビットコイン・トラスト」に30億ドル超が流入しており、ビットコイン相場は今後新たな局面を迎える可能性があると述べた。

さらに「金への投資がどれほど大きなものであるかを考えると、『代替』通貨としての金のクラウディングアウトは、長期的にビットコインの大幅な上昇を示唆している」とした。

同時に、ビットコインのボラティリティーが長期的に金のボラティリティーに収束することが値上がりの条件になるとし、「現在の投機的熱狂」による買いがビットコインを5万─10万ドルに押し上げる可能性もあるが、そうした水準はビットコインのボラティリティーが収束するまで維持できないだろうと警告した。

参照元:ビットコイン、「金に匹敵」なら14万ドル超に上昇も=JPM | ロイター

 

2017年当時の仮想通貨バブルとはプレイヤーが明らかに変わってきており、個人の投機マネーはもちろんある一方で、機関投資家の参入が私に安心感を与えてくれているのは事実です。

大手金融機関がこうした見通しを出す中で、自分としてはこの上昇相場に乗れないリスクを考慮してビットコインを購入しました。もちろん仮想通貨なので、大きく値段が下がり最終的に無価値となるリスクもないわけでありません。そのリスクを考慮してポートフォリオ全体の3%程度だけ投資したということです。3%程度であれば仮にゼロになっても、それ以外の投資で十分にカバーできるので致命的な傷は負いませんからね!

 

では今後仮に仮想通貨が上昇していった場合、ポートフォリオにおける比率が上昇したらどうするのか、という点については先ほども触れたように税金でほとんどもっていかれてしまうので、今のところは税制改革が行われるまで待とうかなと思っています。税制変わった瞬間に売る人続出して値段が元の木阿弥になったら目も当てられませんが笑

ま、ビットコインの値段だけ上昇していってしまえばポートフォリオにおける比率は上昇していってしまいますが、投資元本では3%以下なのでリバランスせずに保有し続けたいと思います!

 

ちなみに私の仮想通貨の夢はこちら。

 

 

 宝くじよりはまだ現実味があるのではと個人的には思っています。笑

 

 最後に:仮想通貨に投資するならコインチェックがおすすめ

今回の記事で私の中での仮想通貨の位置づけをツラツラ書いてきましたが、これから仮想通貨投資をするのであればコインチェックがおススメです。

 

コインチェック

 

コインチェックは以前一度問題を起こしましたが、現在は東証一部上場のマネックスグループ傘下となり、徹底したセキュリティ体制を構築しているので、仮に何か問題が起きても比較的安心感はありますね。

また、例えばビットコインは現在400万円程度まで上昇しているので、400万円無いと購入出来ないと思う人もいるかもしれませんが、コインチェックは数百円程度からビットコインへの投資も可能だったりしますので、投資資金が少ない人でも簡単にポートフォリオに組み込むことが出来ますよ。もちろんビットコイン以外のアルトコイン数も豊富になっています。

 

仮想通貨はもちろん値上がり益を狙うための投資ですが、仮想通貨の私の個人的なメリットは株式やFXと異なり「平日の夜間や、週末や祝日、年末年始も取引が出来る」ということです。株式投資をしていると週末動かないからつまらないーって思う人には大きなメリットですね!逆に週末くらい相場見ないで過ごしたいという人にはデメリットかもしれませんが。笑

口座開設は以下リンクから可能で、最短その日から取引出来ますよ!

 

コインチェック

 

 

ということで、今回は以上になります!

 

当ブログでは個別の銘柄について言及することがありますが、投資を推奨しているものではありません。投資は自己判断でお願いします。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

 

面白いとか有益だと思った方は、Twitterや『はてブ』↓↓↓ぽちっと拡散頂けるととても喜びます!!