商社マンは今日も走る!現役総合商社マンの資産運用ブログ

総合商社マン(5大のどれか)の企業分析、投資(株式・原油ETF)に関するブログです!

総合商社株ホルダー必見!総合商社の自社株買い状況まとめ!(2020年12月最新)

こんにちは!総合商社マンです!総合商社各社の自社株買い状況まとめです!

 

sogoshosha-logo-eyecatch

 

 

どうも総合商社マンです。日本企業が近年株主還元を強化している流れの中、配当を増やすことに加えて多くの企業が自社株買いを実施しています。総合商社も近年積極的に自社株買いを表明・実施しており、各社の自社株買い状況を見ていきたいと思います。

総合商社各社の最新決算状況は以下記事にまとめてありますので御覧ください。 

 

 

www.sogoshoshaman.com

  

総合商社の自社株買い状況

7大総合商社の自社株買い状況を個別に見てみましょう。

 

三菱商事

総合商社王者の三菱商事は自社株買いを2020年4月30日で終了しました。三菱商事の自社株買いは昨年の令和元年 5 月 9 日開催の当社取締役会で決議され、総額3,000億円、発行済株式総数に対する割合7.5%というなかなかパンチの効いた自社株買いをしていましたが、上限に達し終了したことを5/1付けのプレスリリースで発表しています。

 

f:id:Sogoshoshaman:20200527204653j:plain

参照元:三菱商事ホームページ

https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2020/files/0000039821_file1.pdf

上記の結果ですので、平均取得単価は2,743円となりますね。足元の株価は

2,500円台と少し回復してきていますが、昨年の3,000円台の株と比べるとまだまだ低迷中。是非とももう一回やって欲しいです。笑

 

伊藤忠商事

伊藤忠商事の自社株買いを見てみましょう。伊藤忠商事は自社株買いを行っています。以下をご参照ください。

 

【取得に係る事項の内容(2020年6月12日公表分)】

  1. 取得対象株式の種類 :当社普通株式
  2. 取得し得る株式の総数 :35,000,000株を上限とする(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合約2.3%)
  3. 取得し得る株式の総額 :700 億円を上限とする
  4. 取得期間 :2020年 6 月12 日~2021 年6月11日

参照元:伊藤忠商事ホームページ

 https://www.itochu.co.jp/ja/ir/news/2020/__icsFiles/afieldfile/2020/06/12/ITC200612_2_J.pdf

 

伊藤忠商事は2019年6月12日~2020年6月11日の期間で700億円の自社株買い枠を設定しましたが、最終的に発動することなく、それを2020年6月12日~2021年6月11日に持ち越した格好となりました。この点の考察は以下記事にまとめてありますので御覧ください。

 

www.sogoshoshaman.com

 

2020/12/1発表のリリース時点では100億円の自社株買いが進んでいることが発表されています。

 

三井物産

三井物産は2020/6/23に自社株買いを終了しました。2020年3月9日~2020年6月23日の期間で総額500億円、3,000万株(発行済株式総数に対する割合1.8%)という内容でしたが、既に終了しています。

  

住友商事

 住友商事は現在自社株買いは行っていません。  

丸紅 

丸紅は現在自社株買いを行っていません。というか、先日の決算発表で現在の中期経営計画中は「自社株買いやりません宣言」しちゃってます。現在の中期経営計画「GC2021」は2022年3月期までのものなので、それまでは自社株買いは期待出来ませんね。※業績が急回復すれば宣言撤回はあり得るかもしれませんが。。 

豊田通商 

豊田通商も現在自社株買いは行っていません。 

双日

双日は自社株買いを実施していましたが2020/4/24に終了しました。双日は2020/3/23まで150億円を上限に2019年11月から自社株買いを実施していましたが、3月23日に上限に達し、自社株買い終了のプレスリリースを出しました。その後、3月27日に新たなプレスリリースを出し、50億円を上限に4月1日~6月30日の期限で新たな自社株買いを開始していましたが4月24日に上限に達し終了しました。その後新たな追加取得枠の発表はありません。

  

www.sogoshoshaman.com

  

総合商社の自社株買いまとめ

総合商社各社の自社株買いを会社別に見てきましたが最後に以下に表で纏めました。 

sogoshosha-jishakabukai-summary

この通り2020年12月1日時点で自社株買い枠を設定している総合商社は伊藤忠商事のみになります。

自社株買いを実施すると企業は株数を減少させることが出来、将来の配当原資を確保しやすくすることや、ROEを高めることが出来、市場からも評価され株価上昇に繋がるというメリットがあります。

株主側は総発行株数が減少しますので一株当たりの価値が高まり株価が上昇しやすい状況となりWIN WINな施策です。もちろん配当とのバランスが大事ですけどね。総合商社各社の配当方針をご覧になりたい方は以下記事からどうぞ!

 

www.sogoshoshaman.com

 

また2020/8/31に発表された投資の神様ウォーレンバフェット率いるバークシャーハサウエイ社が5大商社の青田買いに関する記事は以下です。

 

www.sogoshoshaman.com

 

総合商社各社の株価過去最高値も以下記事に纏めているので投資の参考にしてください。

 

www.sogoshoshaman.com

 

総合商社の自社株買いに動きが出たら適宜記事アップデートさせて頂きます。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

 

面白い・有益だと思った方は、Twitterや『はてブ』↓↓↓ぽちっと拡散頂けるととても喜びます!!